帯広で「十勝フード&ワイン」フェス

 
b0171771_16521194.jpg
北海道ホテル
=2016年8月撮影

 10月5日、 北海道十勝フード&ワインフェスティバル が、帯広市内の北海道ホテルで開かれました。
 エレゾ社の佐々木章太社長が、鹿肉の解体デモンストレーションを披露しました。
 参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打っていました。

 十勝毎日新聞が, 「『食』』通じ十勝発信 一流シェフ腕ふるいフェス 帯広」 と伝えています。
 「北海道十勝フード&ワインフェスティバル」(実行委主催)が5日午後7時から、帯広市内の北海道ホテルで開かれた。参加者200人は、一流シェフが振る舞う食に舌鼓を打った。

 アイヌ古式舞踊の帯広カムイトウウポポ保存会によるムックリの演奏と鶴の舞「サロルンリムセ」で幕開けした。高橋勝坦大会長(帯広商工会議所会頭)が「食を通じて世界に十勝を発信していきたい」とあいさつし、後藤健市実行委員長の音頭で乾杯した。

 ステージでは、エレゾ社(豊頃)の佐々木章太社長が鹿肉の解体デモンストレーションを披露。来場者は、招聘(しょうへい)シェフらが作る料理を味わった。各シェフの紹介や、この日提供されたワインについても説明があった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2017年10月6日 13時52分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201710/20171006-0027627.php

[PR]
by hombetu | 2017-10-13 06:07 | 帯広市の様子 | Comments(0)