芽室産野菜空輸,香港へ出荷

b0171771_08154948.jpg
参考写真:香港島の繁華街銅鑼湾
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%99%E6%B8%AF

 8月29日,農産物の流通システムの構築などを展開するベンチャー企業「農業総合研究所」は,道産野菜を国内外に空輸する事業の第1弾として,集荷拠点とする芽室の 株式会社「なまら十勝野」 に集まった新鮮なトウモロコシやジャガイモなどを初出荷しました。
 ゴールドラッシュなどトウモロコシ約100kgは,とかち帯広空港から羽田空港を経由して 香港へ空輸 します。

参考サイト:なまら 十勝野(とかちや)
https://namaratokachiyashop.secure.force.com/Site_Kodawari

b0171771_08280467.jpg
JAL B767-300機
=2017年8月,とかち帯広空港で撮影

 十勝毎日新聞が, 「野菜空輸「初便」出荷 芽室産,香港へ 農業総研」 と伝えています。
 農産物の流通システムの構築などを展開するベンチャー企業「農業総合研究所」(和歌山)は29日,道産野菜を国内外に空輸する事業の第1弾として,集荷拠点とする芽室の株式会社「なまら十勝野」(小山勉代表,15農場)に集まった新鮮なトウモロコシやジャガイモなどを初出荷した。

 ゴールドラッシュなどトウモロコシ約100キロは,とかち帯広空港から羽田空港を経由して香港へ空輸し,新ジャガやミニトマトなどを千葉や神奈川など関東圏のスーパーで販売する。延べ10品目,1トン近い量の芽室産野菜が国内外に出回る。

 農業総合研究所が連携協定を結んだ日本航空(JAL)の協力も得て,輸送コストを抑えるなどして香港での販売時は通常の日本産より低価格を実現。店頭ではなまら十勝野のポップを貼り付け,レシピも掲載して陳列するという。

 この日は,なまら十勝野の取締役を務める竹内敬太さん経営のたけうち農場(芽室町芽室南5線)に関係者らが集まり,初出荷を祝った。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年8月29日 14時08分の記事http://www.tokachi.co.jp/news/201708/20170829-0027365.php
[PR]
by hombetu | 2017-09-04 06:10 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)