ヤマダ電機陸上部,大樹で合宿

b0171771_21493826.jpg
大樹町中央運動公園
=2014年8月撮影

 7月15~17の3日間,ヤマダ電機陸上部が, 大樹町内で合宿 を行いました。
 15日には町中央運動公園で大樹中学校陸上部と合同練習を行い,トレーニングを通じて交流を深めました。
 昨年の全日本実業団対抗女子駅伝で総合3位など国内外の大会で活躍するヤマダ電機陸上部は,大樹町と友好都市の群馬県吉岡町を本拠地としている縁で,合宿と合同練習を行っています。

b0171771_05080171.jpg
大樹中学校
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「ヤマダ電機陸上部が大樹合宿 中学生と合同練習も」 と伝えています。
 【大樹】ヤマダ電機陸上部が15~17の3日間,町内で合宿を行った。15日には町中央運動公園で大樹中学校陸上部(田尾真之介主将)と合同練習を行い,トレーニングを通じて交流を深めた。

 昨年の全日本実業団対抗女子駅伝で総合3位など国内外の大会で活躍する同部は,大樹町と友好都市の群馬県吉岡町を本拠地としている縁で合宿と合同練習が行われている。今回は2014年,15年に続いて3回目。森川賢一監督と選手ら12人が来町した。

 この日は大樹中陸上部の9人が参加し,選手と一緒に準備運動や10分走,もも上げダッシュなどを行った。生徒は真夏日の中,懸命に選手に食らいつき,坂ダッシュでは選手より先にゴールする姿も見られた。


-略-

(船水よう子通信員)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月21日20時31分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-07-22 06:47 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)