駒場地区で全国1位の36.1℃

b0171771_01102117.jpg
音更町駒場地区
=2014年8月撮影

 7月7日,高気圧に覆われた十勝地方は,観測19地点のうち 5地点で 35℃上の猛暑日 ,12地点で真夏日となり,いずれも今季最高気温を更新しました。
 音更町駒場は36.1度まで上がり,この日の気温全国1位でした。十勝での猛暑日は2015年以来2年ぶりです。

7日の主な地点の最高気温(帯広測候所発表)
▽音更町駒場 36.1℃(14:12/全国1位)
▽帯広 35.2℃(13:20/全国4位)
▽足寄 35.2℃(15:05/全国4位)
▽芽室 35.1℃(15:12/全国6位)
▽本別 35.0℃(14:20/全国7位)

b0171771_01163706.jpg
帯広測候所
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 音更町駒場は全国1位の36・1度 5地点で猛暑日 と伝えています。
 高気圧に覆われた十勝地方は7日,観測19地点のうち5地点で35度以上の猛暑日,12地点で真夏日となり,いずれも今季最高気温を更新した。十勝での猛暑日は2015年8月5日に帯広(36・5度),更別(37・1度)など9地点で観測して以来2年ぶり。音更町駒場は36・1度まで上がり,この日の気温全国1位だった。このほか帯広と足寄が35・2度で全国4位,芽室35・1度で6位,本別35・0で7位だった。

 気象庁によると,音更町駒場と鹿追(34・5度)は7月の観測史上最高を記録した。30度に届かなかったのは広尾(28・8度)と大津(24・8度)だった。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年07月17日17時分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-07-11 06:08 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)