陸別唯一の薬局・ファーマライズ,在宅医療も

b0171771_20302900.jpg
北海道ファーマライズ「陸別薬局」
=2017年2月撮影

 コミュニティプラザ☆ぷらっと内にある,陸別町内唯一の 薬局「北海道ファーマライズ陸別薬局」で, 服薬支援 が進んでいます。
 「かかりつけ薬剤師」としての薬の管理のほか,認定薬剤師が患者宅を訪れる在宅医療の取り組みも5人に対して実施し,地域包括ケアシステムの一端を担っています。
 「かかりつけ薬剤師」は,厚生労働省が2016年度から制度化され,十勝の各薬局でも,患者が同意書を交わした認定薬剤師が担当となって,薬の飲み残しなどの服用管理を行っています。

b0171771_20294745.jpg
コミュニティプラザ☆ぷらっと看板
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「服薬支援進む 陸別唯一の薬局・ファーマライズ 在宅医療も」 と伝えています。
 【陸別】町内唯一の薬局,北海道ファーマライズ陸別薬局(コミュニティプラザ☆ぷらっと内)で服薬支援が進んでいる。「かかりつけ薬剤師」としての薬の管理のほか,認定薬剤師が患者宅を訪れる在宅医療の取り組みも5人に対して実施。地域包括ケアシステムの一端を担っている。

 町国保診療所の薬局は昨年10月,通常時の院内処方を廃止。それ以降,陸別薬局では1日30~40人の処方箋を受けるようになった。

 「かかりつけ薬剤師」は,厚生労働省が2016年度から制度化。十勝の各薬局でも,患者が同意書を交わした認定薬剤師が担当となり,薬の飲み残しなどの服用管理を行っている。

 陸別薬局では小熊健仁さん(33)が「かかりつけ薬剤師」として同意の100人以上の担当に。家の残薬の再調剤や薬の効き目,副作用の兆候も管理し,市販薬についても24時間体制で相談に乗っている。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年04月03日7時30分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-04-12 06:20 | 陸別町の様子 | Comments(0)