都市部の学生ら,冬の農作業体験

k
b0171771_09004916.jpg
JA帯広かわにし
=2016年5月撮影

 帯広市と外食大手「ワタミグループ」などが共同で取り組む 「農業インターンシップ」 が帯広市内の川西地区で始まり,都市部の学生らが農作業に従事しています。
 農業インターンシップは,農業に興味を持つ若者と繁忙期の人手不足や担い手不足に悩む農家をつなぐ事業として,JA帯広大正の協力を得て2000年に始まりました。
 今回は札幌や東京,遠くは大分県から春休み期間中の大学生ら6人が参加しました。

b0171771_08551871.jpg
参考写真:ワタミ本社ビル(東京都大田区)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%BF%E3%83%9F

 十勝毎日新聞が, 「冬の農作業 都市部の学生ら体験 帯広市と「ワタミ」」 と伝えています。
 帯広市と外食大手「ワタミグループ」(東京)などが共同で取り組む「農業インターンシップ(就業体験)」が帯広市内の川西地区で始まり,都市部の学生らが農作業に従事している。

 農業インターンシップは,農業に興味を持つ若者と繁忙期の人手不足や担い手不足に悩む農家をつなぐ事業として,JA帯広大正の協力を得て2000年に始まった。昨年7月には同社の山内一成さん(38)が,総務省の「地域おこし企業人交流プログラム」を活用して市の嘱託職員として着任。例年8~9月に大正地区でジャガイモの収穫を体験するプログラムだったが,JA帯広かわにしの組合員10戸が賛同してくれたことで,初めて冬季の実習生の受け入れを企画した。

 今回は札幌や東京,遠くは大分県から春休み期間中の大学生ら6人が参加。9~18日の日程で,昼間は農作業の手伝いや実地学習,夜は宿泊場所のカウベルハウス(市八千代町)で農業者との懇親会などを通じて農業の魅力に触れている。

 2日目の10日は午前8時から6人が3カ所の受け入れ農家に分かれてビートの育苗作業を体験。

-略-

(小縣大輝)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年03月10日13時18分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-03-16 06:32 | 帯広市の様子 | Comments(0)