銀河の森天文台,「月面X」を撮影

b0171771_17314907.jpg
参考写真:月/帰属: I, Luc Viatour
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%88

 3月5日夜,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台は,月の表面に「X」の文字が浮かび上がる 「月面X」 の撮影に成功 しました。
 月面Xは,月の表面にあるクレーターの外壁が太陽の光に当たって見える現象で,太陽の光が絶妙な角度で月を照らすわずかな時間に観察できるとのことです。

b0171771_17330335.jpg
銀河の森天文台・115cm反射式天体望遠鏡=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「月面に『X陸別・銀河の森天文台が撮影」 と伝えています。
 りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)は5日夜,月の表面に「X」の文字が浮かび上がる「月面X」の撮影に成功した。

 月面Xは,月の表面にあるクレーターの外壁が太陽の光に当たって見える現象。同天文台によると,半月となる「上弦の月」の時に,太陽の光が絶妙な角度で月を照らすわずかな時間に観察できる。  同天文台は同日,初の観望会を企画。午後7時半ごろ,光と影の境界線の下部付近に「X」が現れた様子を,大型反射望遠鏡「りくり」などで確認した。

-略-

 同天文台は,5月3日と10月27日にも月面Xが見られるとしている。
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年3月6日 13時52分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-03-11 06:27 | 陸別町の様子 | Comments(0)