幕別・稲士別-浦幌・上厚内の乗車券に人気

b0171771_00060140.jpg
参考写真:JR根室本線「上厚内駅」駅舎=2013年9月撮影
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8A%E5%8E%9A%E5%86%85%E9%A7%85

 JR根室線で3月3日かぎりで 廃止される稲士別駅上厚内駅 の駅名が印字された乗車券を購入する人が増えています。
 十勝管内だけでなく,道外からも鉄道ファンらが訪れており,多くの人が廃止を惜しみ,記念の乗車券を買い求めています。
 帯広駅では2月に入り,帯広-稲士別間の乗車券を購入する人が増加しています。

◇JR北海道運賃
帯広-稲士別(8.4Km)/乗車券220円
稲士別-上厚内(55Km)/乗車券1,070円

b0171771_05350527.jpg
JR稲士別駅
=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「廃止惜しみ乗車券人気 幕別・稲士別→浦幌・上厚内」 と伝えています。
 JR根室線の稲士別駅(幕別町),上厚内駅(浦幌町)が3月3日かぎりで廃止となるのを前に,同駅の駅名が印字された乗車券を購入する人が増えている。十勝管内だけでなく,道外からも鉄道ファンらが訪れており,多くの人が廃止を惜しみ,記念の乗車券を買い求めている。

 帯広駅では2月に入り,帯広-稲士別間の乗車券を購入する人が増加。JR北海道によると,訪れるのは30~40代の男性が多く,購入当日の乗車券のほか,最終日となる3月3日の日付が入った乗車券を購入する人もいるという。

 同駅のみどりの窓口で乗車券を販売する武田理沙さんは,「今月に入って1日平均2,3人は購入に訪れている。中には稲士別-上厚内間を購入する人もいる」と話す。

-略-

 JR幕別駅でも中高年の男性を中心に,1日2人ほどが,稲士別へ向かう乗車券を記念に購入している。  廃止となる駅名入りの乗車券は3月3日まで購入が可能。帯広駅の佐々木大輔駅長は「廃止になる日が近づくにつれて,買い求める方は増えるのではないか」と話している。
-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年2月25日 13時57分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201702/20170225-0025980.php
[PR]
by hombetu | 2017-03-02 06:27 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)