村上春樹新作,1日遅れで発売

b0171771_04490676.jpg
「騎士団長殺し」
=2017年2月,都内の書店で撮影

 2月25日,JR室蘭線の貨物列車脱線事故の影響で入荷が遅れていた 村上春樹さんの 新作長編小説「騎士団長殺し」 の販売が,帯広市内の各書店でもスタートしました。
 「騎士団長殺し」は,24日に全国で,全2巻同時発売されましたが,道内は脱線事故の影響で1日遅れとなりました。

十勝毎日新聞が, 「村上さん新作 1日遅れ発売」 と伝えています。
 JR室蘭線の貨物列車脱線事故の影響で入荷が遅れていた村上春樹さんの新作長編小説「騎士団長殺し」(全2巻,新潮社)の販売が25日,帯広市内の各書店でもスタートした。

 同書は24日に全国発売されたが,道内は脱線事故の影響で1日遅れとなった。

 岡書イーストモール店(東4南16,渡辺優樹店長)には上下巻約70冊ずつが届き,レジ前の特設コーナーに並べた。上巻は正午までに約4分の1が売れた。

-略-

(安倍諒)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年02月25日12時16分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-02-27 06:45 | 帯広市の様子 | Comments(0)