道立農業大・永江さん,全国発表で特別賞

b0191190_20254078.jpg
参考写真:国立オリンピック記念青少年総合センター
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%94%E3%83%83%E3%82%AF%E8%A8%98%E5%BF%B5%E9%9D%92%E5%B0%91%E5%B9%B4%E7%B7%8F%E5%90%88%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC

 2月13~15日,東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで開かれた「全国農業大学校等プロジェクト発表会」で,道立農業大学校農業経営研究科2年の永江友大さんが,最高賞に次ぐ 特別賞を受賞 しました。
 白花豆のアイスへの加工に取り組んだ過程と思いを発表し,高く評価されました。
 また,大正金時の種まき時期を探った畑作園芸経営学科2年の山本結太さんは優良賞を受賞しました。

b0171771_03305726.jpg
北海道立農業大学校=2017年2月撮影

 十勝毎日新聞が, 「農大・永江さん特別賞 全国発表,白花豆アイス加工で 本別」 と伝えています。
 【本別】東京都内で13~15日に開かれた「全国農業大学校等プロジェクト発表会」で,道立農業大学校(本別)農業経営研究科2年の永江友大さん(22)が特別賞を受けた。白花豆のアイスへの加工に取り組んだ過程と思いを発表し,高く評価された。また,大正金時の播種(はしゅ)時期を探った畑作園芸経営学科2年の山本結太さん(19)は優良賞を受賞した。

 同大会は全国の農業大学校の代表が学生時代に取り組んだプロジェクト活動を発表し,内容や発表方法などを競う。2人は校内選考,狭き門の東日本大会を通過し,国立オリンピック記念青少年センターでの全国発表会に臨んだ。

 永江さんは研究課程の部(7人)で,最高賞に次ぐ特別賞(アリスタライフサイエンス社賞)に。「6次産業化プロジェクト 白花豆で地域を盛り上げたい」と題し,実家の北見・留辺蘂の特産白花豆の付加価値化に取り組んだ様子を紹介した。

-略-

 山本さんは養成課程の部(15人)で優良賞に。「大正金時の播種時期による収量,品質(色流れ)の比較」をテーマに,金時の色流れを防ぐ播種の時期を考察。栽培を通し,気温と雨の関係を分析しながら,適期とされる時期より少し遅めの播種が良いと導いた。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年02月21日12時57分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-02-26 06:30 | 本別町の様子 | Comments(0)