足寄で日本一の給食提供

b0171771_09113957.jpg
足寄町学校給食センター=2015年8月撮影

 1月20日,昨年12月の「第11回全国学校給食甲子園」を制した 足寄町学校給食センターの 優勝献立 が,町内の全小・中・高校で提供されました。
 足寄・十勝産にこだわって考えたメニューで,「螺湾(らわん)ブキの繊維たっぷり飯」,道産タラやとかちマッシュのホイル焼き,和風スープ,温泉熱栽培の町産イチゴを活用した3色団子など6品です。
 この日,芽登小学校では,担当の吉田美優栄養教諭が献立を解説しました。

b0171771_09090240.jpg
自生の螺湾ブキ
=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「日本一の給食「おいしいね」 足寄で提供」 と伝えています。
 【足寄】「第11回全国学校給食甲子園」(昨年12月)を制した足寄町学校給食センターの優勝献立が20日,町内の全小・中・高校で提供された。

 同センターの吉田美優栄養教諭と廣田裕美調理員が足寄・十勝産にこだわって考えたメニュー。「螺湾ブキの繊維たっぷり飯」,道産タラやとかちマッシュのホイル焼き,和風スープ,温泉熱栽培の町産イチゴを活用した3色団子など6品。

 この日は全6校で約720食分が用意された。芽登小(中村秀明校長,児童24人)では吉田教諭(24)が献立を解説した。

-略-

(木村仁根)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2017年01月20日13時26分の記事
[PR]
by hombetu | 2017-01-27 06:02 | 足寄町の様子 | Comments(0)