大谷選手と市川選手,幕別に来町

b0171771_19104958.jpg
幕別町役場の日ハムコーナー
=2016年9月撮影

11月21日,北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手 が,応援大使を務める幕別町を訪問 しました。
 大谷選手は同じ応援大使の市川友也捕手とともに,ナウマン温泉ホテルアルコ236に到着しました。
 その後,ナウマン象記念館を見学し,町内小学校で子どもたちと交流しました。

b0171771_19092637.jpg
日ハムユニフォームのナウマン象親子
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「大谷選手ようこそ 市川選手と幕別に来町」 と伝えています。
 北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手が21日,応援大使を務める幕別町を訪れた。町忠類のナウマン象記念館を見学し,町内の子どもたちと交流した。

 応援大使は地域貢献やファン拡大を目的に,道内179市町村を10年間で選手が順に担当する同球団のプロジェクト。任期の1年間,選手が行事参加や広報などに協力する。

 大谷選手は同じ応援大使の市川友也捕手とともに午前11時半,ナウマン温泉ホテルアルコ236に到着した。ユリ根のかき揚げや「どろぶた」のしゃぶしゃぶなど忠類産食材を使った昼食を取りながら,飯田晴義町長,同球団幕別後援会の笠谷直樹会長らと懇談した。 その後,ナウマン象記念館を見学し,町内小学校で子どもたちと交流した。

-略-

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年11月21日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201611/20161121-0025248.php
[PR]
by hombetu | 2016-11-22 06:55 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)