幕別でJICA研修員と交流

 
b0171771_10212705.jpg
JICA北海道(帯広)
=2015年8月撮影

 10月22日,幕別町を会場にして,国際ソロプチミスト帯広みどりが,「One-dayおもてなしボランティア」で,国際協力機構(JICA)研修員と パークゴルフ等で交流 を深めました。
 JICA北海道(帯広)の研修員福利厚生プログラムの一環として,帯広みどりの会員,江陵高校ボランティア部と帯広大谷高校Sクラブの生徒,引率教諭ら38人が参加しました。

b0171771_10264902.jpg
「和の里」パークゴルフ銅像
=2012年9月,幕別駅前で撮影

 十勝毎日新聞が, 「JICA研修員と交流 幕別でソロプチミストみどり」 と伝えています。
 【幕別】国際ソロプチミスト帯広みどり(小林容子会長,会員41人)が22日,「ワンデイおもてなしボランティア」で,国際協力機構(JICA)研修員と交流を深めた。

 JICA北海道(帯広)の研修員福利厚生プログラムの一環。帯広みどりの会員,江陵高校ボランティア部と帯広大谷高校Sクラブの生徒,引率教諭ら38人が参加した。

 「小学校理科教育の質的向上(「教えと学び」の現場教育)コースの研修員13人と町依田公園の俳句村コースでパークゴルフを楽しんだ後,焼肉ガーデンまくべつで昼食をともにした。

-略-
(杉原輝美通信員)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年10月24日17時30分の記事
[PR]
by hombetu | 2016-11-04 06:13 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)