足寄両国花火大会,1万発打ち上げ

b0171771_07511810.jpg
参考写真:ナイアガラの滝(丹波市市島町)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E7%81%AB


 8月15日,足寄町の 第37回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会 が,町民センター駐車場と利別川河川敷で開かれました。
 花火大会では道内町村で最大規模の1万45発が打ち上げられ,約2万人が短い夏を惜しみながら光と音のショーを楽しみました。
 3部構成で,午後7時15分,「ナイアガラの滝(富士山)」と音楽に合わせて花火が打ち上がる「デジタルリンク花火」で華やかに開幕しました。

b0171771_07534909.jpg
両国橋(後方左は足寄町民センター)
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「1万発夜空焦がす 両国花火大会 足寄」 と伝えています。
 【足寄】第37回足寄ふるさと盆踊り・両国花火大会(実行委主催,十勝毎日新聞社,十勝東北部銀河の里づくり協議会共催)が15日,町民センター駐車場と利別川河川敷で開かれた。花火大会では道内町村で最大規模の1万45発が打ち上げられ,約2万人が短い夏を惜しみながら光と音のショーを楽しんだ。  3部構成。午後7時15分,「ナイアガラの滝(富士山)」と音楽に合わせて花火が打ち上がる「デジタルリンク花火」で華やかに開幕。今年,デビュー40周年を迎えた町出身の歌手松山千春さんの代表曲「人生(たび)の空から」に乗せたスターマインも披露された。第3部のフィナーレでは,2015年度に町内で生まれた新生児45人の名前を読み上げながら祝いの花火を打ち上げた。最後は黄金色の「錦冠(にしきかむろ)」が夜空一面を染め,会場は歓声に包まれた。   -略-(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月16日9時13分の記事
[PR]
by hombetu | 2016-08-23 06:46 | 足寄町の様子 | Comments(0)