大樹で星空観察会

b0191190_08502087.jpg
参考写真:北半球星座早見盤
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%9F%E5%BA%A7%E6%97%A9%E8%A6%8B%E7%9B%A4

 8月4日,大樹町小中高連携教育推進委員会による 星空観察会 が,町多目的航空公園で開かれました。
 はじめに公園内の町宇宙交流センターSORA(そら)で,星座早見盤の使い方や夏に見られる星について学びました。
 その後,親子が滑走路に寝転がり,夜空に輝く星座や惑星を探しました。
 この日は小学生や高校生と保護者37人が参加しました。

b0191190_08505074.jpg
大樹町多目的航空公園
=2014年8月撮影
 
十勝毎日新聞が, 「夜空に広がる星を観察 大樹」 と伝えています。
 【大樹】町小中高連携教育推進委員会(委員長・金田英司大樹高校長)による星空観察会が4日,町多目的航空公園で開かれた。親子が滑走路に寝転がり,夜空に輝く星座や惑星を探した。

 宇宙のまちづくりを進める大樹町への理解を深めてもらい,小学生から高校生までの参加できる事業を設けることで子どもたちの交流も図った。この日は小学生や高校生,その保護者37人が参加した。

 はじめに公園内の町宇宙交流センターSORA(そら)で,星座早見盤の使い方や夏に見られる星について学んだ。その後,滑走路に移動し,シートなどをひいて寝転がりながら夜空いっぱいに広がる星を見上げた。

   -略-
(伊藤亮太)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年08月09日20時45分の記事
[PR]
by hombetu | 2016-08-22 06:54 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)