欧豪らの若手農業者,本別を視察

b0171771_07055659.jpg
前田農産食品(本別町)
=2016年5月撮影

 農業の現状を理解するめため,欧州やオーストラリアなどの若手農業者 が18日来勝し,6月21日まで十勝管内各地の 農業現場を視察 しています。
 メンバーは,世界の若手農業者を対象にした奨学制度「ナッフィールド・ファーミング・スカラーシップ・トラスト」の奨学生で,オーストラリア,ニュージーランド,アイルランド,スコットランドの4カ国から20~30代の若手農業者ら13人が参加しています。
 6月19日は,本別町の前田農産食品で前田さんからポップコーンの栽培に取り組んだ経緯などの説明を受け,ポップコーンの製造工場などを見学しました。

b0171771_07062859.jpg
前田農産食品圃場
=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「欧豪らの若手農業者 十勝の現場を視察」 と伝えています。
 【本別】十勝農業の現状を理解するめため,欧州やオーストラリアなどの若手農業者が18日来勝し,21日まで管内各地の農業現場を視察している。
 メンバーは,世界の若手農業者を対象にした奨学制度「ナッフィールド・ファーミング・スカラーシップ・トラスト」の奨学生。オーストラリア,ニュージーランド,アイルランド,スコットランドの20~30代の若手農業者ら13人が参加している。
 本別で小麦やポップコーンを生産する前田農産食品専務の前田茂雄さん(41)が3月,豪大使館を通じてアイルランドで開かれた同奨学制度のワークショップに,日本人として初めて招待されたことが縁で,10日間の日本ツアーの一環で十勝を訪問した。
 このうち,19日は前田農産食品で前田さんからポップコーンの栽培に取り組んだ経緯などの説明を受け,ポップコーンの製造工場などを見学した。また,世界のGAP制度(農業生産工程管理)について意見を交換した。
   -略-
(鈴木裕之)
以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年06月20日10時17分の記事
[PR]
by hombetu | 2016-06-21 07:07 | 本別町の様子 | Comments(0)