足寄で九州大学公開講座 

b0171771_08141202.jpg
九州大学北海道演習林(足寄町)=2016年5月撮影

 九州大学公開講座「十勝の森を長期で見つめる-百年の調査プロジェクト」が,7月9・10の両日,足寄にある九大北海道演習林で開かれます。
 九州大学は,十勝平野の天然林の変化を長期的に観測しています。

b0171771_08140447.jpg
九大演習林天然林調査地(足寄町鷲府)=2016年5月撮影

 十勝毎日新聞が, 「7月に九州大学公開講座 足寄」 と伝えています。

 【足寄】九州大学公開講座「十勝の森を長期で見つめる-百年の調査プロジェクト」が7月9,10の両日,同大北海道演習林(町北5条1)で開かれる。

 同大は十勝平野の天然林の変化を長期的に観測している。9日は午後5時に開講。座学で同演習林や十勝の天然林の概要について学習,講義終了後は懇親会を開く(参加費1500円)。10日は天然林調査地で自然観察を行う。午後2時半閉講予定。今年度の道民カレッジ連携講座(ほっかいどう学コース)。

 対象は高校生以上。定員は15人程度。受講料は2000円。希望者は演習林宿泊室を利用できる。料金は朝食付きで一般1330円,学生1200円。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年05月28日7時30分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-06-03 06:03 | 足寄町の様子 | Comments(0)