広尾川上流でダイサギを撮影

b0171771_05295127.jpg
参考写真:ダイサギ
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%AE

 広尾川の上流に ダイサギ7羽 が姿を見せ,町内の野鳥愛好家の男性が撮影しました。
 ダイサギは南方に住む鳥で,複数羽が一度に渡って来るのは珍しいという。
 男性によると,5月8日早朝に川の付近を通りかかった際,餌のようなものをついばむダイサギに遭遇しました。
 ダイサギは日本最大級のサギで全長90cmほどで,白い体と細長い首,くちばしが特徴です。


 十勝毎日新聞が, 「広尾川上流でダイサギ撮影 町内の野鳥愛好家」 と伝えています。


 広尾川の上流にダイサギ7羽が姿を見せ,町内の野鳥愛好家の男性(65)が撮影した。ダイサギは南方に住む鳥で,複数羽が一度に渡って来るのは珍しいという。

 男性によると,8日早朝に川の付近を通りかかった際,餌のようなものをついばむダイサギに遭遇。男性は「20代の頃から撮影しているが,初めて見た」と話す。

 ダイサギは日本最大級のサギで全長90センチほど。白い体と細長い首,くちばしが特徴。世界の熱帯,温帯地域に生息し,日本に渡って来る。日本野鳥の会十勝支部によると,サギ類はもともと南方で暮らすが,繁殖に失敗したり,繁殖しなかったりするものは本来の分布より北上する傾向がある。
   -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2016年05月19日13時53分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201605/20160519-0023766.php


参考:ダイサギ

 ダイサギ(大鷺,学名:Ardea alba)は,コウノトリ目サギ科に分類される鳥。

形態[編集]
 体長は 90cm ほどで,日本ではアオサギと並ぶ最大級のサギ。全身の羽毛が白色。白鷺の一種。
 雌雄同色。全体が白色で,脚と首が非常に長く,くちばしも長い。足は全体が黒い。夏羽ではくちばしが黒くなり,足の基部がわずかに黄色がかる。また胸や背中に長い飾り羽が現れる。眼先が緑がかる婚姻色が現れることもある。冬羽では飾り羽がなく,くちばしが黄色くなる。
 チュウサギと似るが,チュウサギは体長が小さい。またダイサギはクチバシが長く,また眼下にある口角の切れ込みが眼より後ろまで食い込むことで容易に判別できる。

分布[編集]
 世界の熱帯・温帯に広く分布するが,温帯のものは冬になると暖かい地方へ移動する。
 日本では,亜種チュウダイサギ(学名 E.a. modesta)が夏鳥として(日本で繁殖して冬は南方へ渡る),亜種オオダイサギ(学名 E.a. alba)が冬鳥として(中国東北部で繁殖して冬に日本へ渡り越冬する),それぞれ観察されるため,渡り鳥であるものの,ほぼ一年中観察される。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%AE


[PR]
by hombetu | 2016-05-21 06:26 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)