音更のハピオで「十勝フェア」

b0171771_04332508.jpg
スーパー「ハピオ木野」=2014年8月撮影

 2月25日~28日,音更町内のスーパー「ハピオ木野」で,十勝の味覚を集めた「十勝フェア」が行われました。今年で節目の10回目になります。
 水産加工品や牛肉,総菜,スイーツなどを買い求める客でにぎわいました。
 27日は,一日限定で,帯広農業高校食品科学科ビネガー班の生徒が,「ぎゅっとカシ酢」を限定200本で店頭販売しました。

b0171771_04342978.jpg
帯広農業高校=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「『十勝フェア』始まる 28日まで音更のハピオで」 と伝えています。

 【音更】町内のスーパー「ハピオ木野」(石田晴久店長)で25日,十勝の味覚を集めた「十勝フェア」が始まった。水産加工品や牛肉,総菜,スイーツなどを買い求める客でにぎわっている。28日まで。

 今年で節目の10回目。サービスカウンター前に特設会場を設け,前半(25,26日)と後半(27,28日)に分けて店舗を入れ替える形で延べ25店舗が出店する。

 初日から鎌田きのこ(帯広)のとかちマッシュ,工房「みみずく」(豊頃)の漬物,さくら工房(士幌)のヨーグルトなど,十勝産にこだわった商品が客を引きつけた。
   -略-
 27日は一日限定で,帯広農業高校食品科学科ビネガー班の生徒が「ぎゅっとカシ酢」(648円)を限定200本で店頭販売する。

 時間は午前10時~午後5時。(小縣大輝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年02月26日11時35分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-03-01 06:29 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)