本別・勇足地区,餅つきで交流

b0171771_04414131.jpg
勇足地区公民館=2014年1月撮影

 2月18日, 本別町勇足地区 餅つき交流会 が,勇足地区公民館で開かれました。
 町社会福祉協議会の勇足小規模多機能型居宅介護事業所「ゆうあいの里」,地区の子育て支援活動「ゆうゆうサークル」,高齢者の介護予防の会「福寿草の会」,勇足いきがい館の各運営委員会の4団体が共催した。


b0171771_04530105.jpg
「ゆうあいの里」=2014年1月撮影


 十勝毎日新聞が, 「世代超え交流 本別・勇足餅つき会」 と伝えています。


 【本別】勇足地区餅つき交流会が18日,同地区公民館で開かれた。

 町社会福祉協議会(粂田達一会長)の勇足小規模多機能型居宅介護事業所「ゆうあいの里」,地区の子育て支援活動「ゆうゆうサークル」,高齢者の介護予防の会「福寿草の会」,勇足いきがい館の各運営委員会の4団体が共催した。

 学校帰りの小中学生や保育所の子どもたち,「ゆうあいの里」を利用するお年寄りら約130人が集まり交流会がスタート。町社協の粂田会長が「短い時間ですが楽しく過ごしましょう」とあいさつした後,子どもたちが順番にきねを振るい餅をついた。

 ついた餅はお年寄りにこつを教わりながら,あんこ餅にした他,地域の婦人会「憩いの会」(篠原恵子代表)が雑煮や納豆餅,ダイコン餅,きな粉餅などをつくり参加者に振る舞った。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年02月20日6時35分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-02-26 06:49 | 本別町の様子 | Comments(0)