幕別でふん尿バイオマス発電の可能性を調査

b0171771_02450189.jpg
札内福祉センター=2015年8月撮影

 幕別町は来年度,町内での 家畜ふん尿 バイオマス発電施設の導入 の可能性を探るため調査に入ります。
 2月9日,札内福祉センターで開かれた町農政意見交換会で明らかにしました。
 町からは飯田晴義町長,川瀬俊彦副町長ら,町内のJA幕別町,JA忠類,JAさつないからも代表者が出席しました。

b0171771_02514212.jpg
幕別町役場=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「家畜ふん尿バイオマス発電施設,可能性を調査 幕別」 と伝えています。


 【幕別】町は来年度,町内での家畜ふん尿バイオマス発電施設の導入の可能性を探るため調査に入る。9日,札内福祉センターで開かれた町農政意見交換会で明らかにした。

 町からは飯田晴義町長,川瀬俊彦副町長ら,町内のJA幕別町,JA忠類,JAさつないからも代表者が出席した。


 同調査では,家畜ふん尿の発生量,発電の可能性,肥料となる消化液など副産物の利用に関して調べ,併せて地域説明会の開催などを計画していることを説明した。


 -略-

(眞尾敦)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年02月10日10時00分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-02-15 06:34 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)