帯広市でインターナショナル・トーク

b0171771_05335478.jpg
森の交流館・十勝(帯広)=2015年8月撮影

 1月23日, 第53回インターナショナル・トーク が,帯広市内の森の交流館・十勝で開かれ,市民ら約50人が参加しました。
 スリランカ出身の帯広畜産大学留学生のペルボラゲ・サマンティ・ワトゥサラさんが講師を務め,観光地などを旅行案内する形で母国を紹介しました。


b0171771_05325548.jpg
参考写真:紅茶のプランテーション(スリランカ)
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB


 十勝毎日新聞が, 「インターナショナル・トークに50人 帯広市」 と伝えています。


 第53回インターナショナル・トークが23日,帯広市内の森の交流館・十勝で開かれた。帯広市が主催し,市民ら約50人が参加した。

 スリランカ出身の帯広畜産大学留学生のペルボラゲ・サマンティ・ワトゥサラさんが講師を務め,観光地などを旅行案内する形で母国を紹介した。

 観光地・キャンディにある「ロイヤルボタニカルガーデン」では,皇后美智子さまが皇太子妃殿下時代に訪問したことにちなんで名付けられたランを紹介した。「オフシーズンだと,高級ホテルでも,1泊3500円くらいで泊まれる」と語った。
  -略-


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月25日10時09分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-01-26 06:28 | 帯広市の様子 | Comments(0)