帯広空港でアイヌ伝統工芸展

b0171771_02131942.jpg
アイヌ伝統工芸品=2014年1月,とかち帯広空港で撮影

 とかち帯広空港2階の出発ロビーで,アイヌ民族の着物やアクセサリーなど約30点を集めた 「アイヌ伝統工芸展」が開催 されてています。
 が主催は帯広市アイヌ生活文化展実行委員会で,市内小学校などを巡る移動展の一環として,観光客を含む多くの人に見てもらおうと空港で展示しています。

b0171771_02115663.jpg
とかち帯広空港=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「アイヌ文化に理解を 帯広空港で伝統工芸展」 と伝えています。

 アイヌ民族の着物やアクセサリーなど約30点を集めた「アイヌ伝統工芸展」が,とかち帯広空港2階の出発ロビーで開かれている。

 帯広市アイヌ生活文化展実行委員会主催。市内小学校などを巡る移動展の一環で,観光客を含む多くの人に見てもらおうと空港で展示している。

 サケの皮で作った靴や彫刻を施した小刀,伝統楽器のムックリなどが並んでいる。
   -略-
 展示は2月10日まで。(池谷智仁)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2016年01月19日21時00分の記事


[PR]
by hombetu | 2016-01-22 06:05 | 帯広市の様子 | Comments(0)