依田勉三,没後90年で記念講演会

b0171771_04453558.jpg
写真:帯広市図書館=2014年8月撮影

 晩成社を率い,十勝開拓に尽力した依田勉三が生涯を閉じ,12月12日で90年を迎えます。
 これに合わせ,「依田勉三を語る会」は,12日,帯広市図書館の多目的視聴覚室で 「依田勉三没後90年記念講演会」を開催 します。
 依田勉三は静岡県で生まれ,晩成社を率いて鈴木銃太郎,渡辺勝らとともに十勝開墾に尽くしました。73歳だった1925年(大正14年)12月12日に,中風症(脳血管障害)のため帯広の自宅で息を引き取りました。
b0171771_21172305.jpg
アイヌの民族衣装を着た依田勉三
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/09/Benzo_Yoda_wearing_Ainu_Dress.JPG


 十勝毎日新聞が, 「依田勉三,12日に没後90年で記念講演会」 と伝えています。


 晩成社を率い,十勝開拓に尽力した依田勉三(1853~1925年)が生涯を閉じて12日で90年を迎える。これに合わせ,「依田勉三を語る会」(嵯峨山俊幸代表)は同日午後2時から帯広市図書館の多目的視聴覚室で「依田勉三没後90年記念講演会」を開く。

 依田勉三は静岡県で生まれ,晩成社を率いて鈴木銃太郎,渡辺勝らとともに十勝開墾に尽くした。73歳だった1925年12月12日に中風症(脳血管障害)のため帯広の自宅で息を引き取った。

 記念講演会では,「流転・依田勉三と晩成社の人々」の著書がある芽室町在住の吉田政勝さんが「依田勉三の生家を訪ねて」と題して講演する。吉田さんは10月,勉三の故郷である静岡県松崎町を訪れ,勉三の十勝での功績などについて同町の小・中学生に講演した。その際,勉三の生家である「依田邸」や勉三が学んだ「三余塾」を視察,勉三にゆかりのある人の子孫らとも交流しており,そのときの体験を語る。

-略-

 入場無料。問い合わせは嵯峨山代表(090・2051・9892)へ。
(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年12月10日08時52分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-12-16 06:47 | 帯広市の様子 | Comments(0)