本別町の死亡事故,現場で道路診断

b0171771_00403731.jpg
国道242号(本別町仙美里地区)=2014年8月撮影

 10月28日午前11時10分すぎ, 本別町仙美里で起きた 車両3台が絡む事故 で,乗用車の助手席に同乗していた釧路管内釧路町の無職高田清美さんが全身を強く打ち,搬送先の帯広市内の病院で死亡しました。
 本別署によると,足寄町共栄町の菊地勇一さんの乗用車が,足寄方向に進行中,対向車線をはみ出し,前から来た帯広市の加茂望さんの大型トラックと接触,乗用車はトラックに後続していた釧路管内釧路町の高橋初美さん運転の乗用車と正面衝突しました。
 菊地さんは全身を強く打ち重体,高橋さんは全身打撲,右手親指骨折などのけがをしました。

 この死亡事故を受け,10月28日,本別警察署や道路管理者の帯広開発建設部などの関係者は12日,事故現場で道路診断を行いました。
 現場は足寄との町境で,足寄方向に向かって緩やかな右カーブとなっています。周辺に建造物はなく,見通しは良い状況です。

b0171771_00491983.jpg
本別警察署=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「死亡事故現場で道路診断 本別」 と伝えています。

 【本別】10月28日,町仙美里の国道242号で起きた死亡事故を受け,本別署や道路管理者の帯広開発建設部などの関係者は12日,事故現場で道路診断を行った。

 事故は車両3台が絡み,乗用車に同乗していた男性(85)が死亡した。現場は足寄との町境で,足寄方向に向かって緩やかな右カーブとなっている。周辺に建造物はなく見通しは良い。

 道路診断には同署の久米井強地域・交通課長や道警釧本交通課の石井英明課長補佐,帯広開発建設部足寄道路事務所の古内徹工務課長,本別町の千葉輝男住民課長ら8人が参加した。

 事故の再発防止策として,警察側から足寄道路事務所に対し(1)見づらくなっているカーブ手前の減速マーキング(白色)の塗装直し(2)路面のわだちの修復-の2点を要請。ただ,石井課長補佐は「事故はさまざまな要因が絡んで起きる」とし,道路構造上の問題はないとの見方を示した。

   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月12日23時00分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-11-18 06:17 | 本別町の様子 | Comments(0)