おびひろ動物園,夏期営業最終日は無料開放

b0171771_17344690.jpg
おびひろ動物園=2015年8月撮影

 11月3日, おびひろ動物園は,今年度の 夏期営業最終日 を迎え,入園無料で園内を一般開放しました。
 午後からは毎年恒例の「ジャンボかるたとり」などのイベントもあり,家族連れでにぎわいました。
 この日の帯広は朝から青空が広がり,午前9時半の一般開放開始とともに多くの来園がありました。

b0171771_17345359.jpg
おびひろ動物園=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「夏期営業最終日に無料開放にぎわう おびひろ動物園」 と伝えています。

 おびひろ動物園(高橋利夫園長)は3日,今年度の夏期営業最終日を迎え,入園無料で園内を一般開放した。午後からは毎年恒例の「ジャンボかるたとり」などのイベントもあり,家族連れでにぎわった。

 この日の帯広は朝から青空が広がり,午前9時半の一般開放開始とともに多くの来園があった。
動物に触れられる人気スポット「ふれあい動物ファーム」には子供たちが詰め掛け,羊に餌をあげていた山内結愛さん(7)=帯広光南小1年=は「少しびっくりしたけれど,毛は軟らかかった」と笑顔を見せた。

 帯広畜産大学の学生らでつくるボランティアサークル「ZooFul」によるクイズツアーも。参加者はモモンガやキリンなどを見て回り,ガイドの解説を聞いてクイズに挑戦。「ホッキョクグマの地肌は黒」など意外な事実に,感心した様子でうなずいていた。
-略-
冬期開園は12月5日から。(菅生佳孝)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年11月03日12時25分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-11-09 06:27 | 帯広市の様子 | Comments(0)