足寄道の駅で収穫祭

b0171771_05211673.jpg

道の駅あしょろ銀河ホール21=2015年8月撮影


 10月25日、NPO法人あしょろ観光協会主催の 大収穫祭・秋の物産市 が、道の駅あしょろ銀河ホール21のイベント広場で開かれました。
 会場には各種販売コーナーや体験コーナーのテントが設営され、寒風が吹き肌寒い天候にもかかわらず、町民や観光客らが大勢詰め掛けました。

b0171771_05200967.jpg
道の駅あしょろ「寄って美菜(よってみな)」=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「町民、観光客でにぎわう 足寄道の駅収穫祭 」 と伝えています。

 【足寄】NPO法人あしょろ観光協会(家常尚詞理事長)主催の「大収穫祭・秋の物産市」が25日、道の駅あしょろ銀河ホール21のイベント広場で開かれた。

 会場には各種販売コーナーや体験コーナーのテントが設営され、寒風が吹き肌寒い天候にもかかわらず、町民や観光客らが大勢詰め掛けた。

 町内の農場が、この日の朝に収穫したばかりのキャベツやニンジン、ハクサイ、長ネギなどを格安で販売、JAあしょろチーズ工房のラクレットチーズや町内のパン工房による焼きたてパン、海産物なども人気を集めた。

 カラマツのウッドキャンドルの火で焼いて食べるマシュマロが無料で振る舞われ、大勢の町民らが味わった。足寄もちつき隊(菅田昌典隊長)は隊員8人が約10キロの餅を
つき、あんこときな粉餅を来場者に無料で提供した。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2015年10月27日07時23分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-11-05 06:10 | 足寄町の様子 | Comments(0)