帯広柏葉高卒の浅沼旭川大学准教授ら講演

b0171771_05275541.jpg
とかちプラザ
=2015年8月撮影

 世界的ベストセラーとなり話題を呼んだ「21世紀の資本」の著者トマ・ピケティが説く経済格差問題を分かりやすく解説する,旭川大学の講座「トマ・ピケティと日本経済」 が,9月11日午後6時から,帯広市内のとかちプラザで開かれます。
 講師は旭川大経済学部准教授で帯広柏葉高卒業の浅沼大樹氏と横田宏樹氏が務めます。
 主催は旭川大学で,講座は十勝初開催になります。
 なお,入場は無料です。

b0171771_05301910.jpg
参考写真:旭川大学
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%AD%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%AD%A6

 十勝毎日新聞が,「11日に帯柏葉卒の浅沼旭川大学准教授ら講演」 と伝えています。
  世界的ベストセラーとなり話題を呼んだ「21世紀の資本」の著者トマ・ピケティが説く経済格差問題を分かりやすく解説する,旭川大学の講座「トマ・ピケティと日本経済」が11日午後6時から,帯広市内のとかちプラザで開かれる。入場無料。  旭川大学主催で,同講座は十勝初開催。講師は同大経済学部准教授の浅沼大樹氏(帯広柏葉高卒)と横田宏樹氏が務める。  トマ・ピケティは「21世紀の資本」(2013年発刊)の中で,資本主義と格差拡大の関係について論証し,世界から注目を集めた。今回は講師の2人がトマ・ピケティの理論を解説し,日本が直面しているさまざまな問題について考える。  事前の申し込みが必要。申し込み,問い合わせは同大AEL事務局(0166・48・3121)へ。

以上引用:十勝毎日新聞ニュース電子版/2015年09月08日12時59分の記事の記事

b0171771_05322780.jpg

写真:トマ・ピケティ経済学博士


参考:トマ・ピケティ
 トマ・ピケティ(Thomas Piketty,1971年5月7日 - )は,フランスの経済学者。クリシー出身。経済学博士。パリの高等師範学校の出身で,経済的不平等の専門家であり,特に歴史比較の観点からの研究を行っている。2002年にフランス最優秀若手経済学者賞 (Prix du meilleur jeune économiste de France) を受賞。パリ経済学校 (École d'économie de Paris, EEP) 設立の中心人物であり,現在はその教授である。また,社会科学高等研究院 (EHESS)の研究代表者でもある。政治的にはフランスの社会党に近い立場をとる。
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』(上写真も)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%94%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3


[PR]
by hombetu | 2015-09-29 06:19 | 帯広市の様子 | Comments(0)