陸別で学生星空サミット開催

b0171771_07133583.jpg
銀河の森天文台(陸別町)=2014年8月撮影

 8月19,20の両日,道内5大学の天文部員らが交流する 第3回学生星空サミット が,陸別町の「りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台」で開催されました。
 参加したのは北見工業大学,東京農業大学網走校,帯広畜産大学,北海道教育大学釧路校,名寄市立大学の学生計47人で,名寄市立大学は今回初参加しました。
 初日の19日はバーベキューで交流した後,銀河の森天文台の筧伸浩さんが天体写真の撮り方について講演しました。


 私(ブログ作成者)は,昨年の同じ時期に銀河の森天文台に立ち寄りました。偶然,第2回学生星空サミットの集まりが開催されていました。
 参加している学生さんから,話をかけられました。そして,若者たちの熱い思いを感じたことを思い出します。
 上下の写真は,その時に撮影したものです。


b0171771_17330335.jpg

115cm反射式天体望遠鏡=2014年8月撮影


参考:銀河の森天文台「8月19日、第3回学生星空サミットが開催されました」
https://www.rikubetsu.jp/tenmon/topics/876/


 十勝毎日新聞が, 「天体写真の撮り方学ぶ 陸別で学生星空サミット」 と伝えています。


 【陸別】道内5大学の天文部員らが交流する「第3回学生星空サミット」が19,20の両日,りくべつ宇宙地球科学館・銀河の森天文台(上出洋介館長)で開かれた。

 参加したのは北見工大,東京農大網走校,帯広畜産大,北海道教育大釧路校,名寄市立大の学生計47人。名寄市立大は初参加。

 19日はバーベキューで交流した後,同天文台の筧伸浩さんが天体写真の撮り方について講演した。筧さんはコンパクトカメラによる初心者向けや,望遠鏡に一眼レフカメラを装着する上級者向けなどレベルに応じた撮影法を紹介。適正な露出や絞り,ISO感度についても説明し,「写真を撮ると天体のおもしろさが増す。ぜひ挑戦して」と呼び掛けた。

 この後,各大学が観望会や合宿,大学祭への展示などの活動を報告,ビンゴゲーム大会などで親睦を深めた。
  -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年08月21日07時15分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-08-30 06:09 | 陸別町の様子 | Comments(0)