雌阿寒岳警戒,レベル2に引き上げ

b0171771_17490447.jpg
雌阿寒岳火口底の青沼
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%8C%E9%98%BF%E5%AF%92%E5%B2%B3

 7月28日,札幌管区気象台が 雌阿寒岳の噴火警戒 を「レベル1(活火山であることに留意)」から レベル2(火口周辺規制)」に引き上げ たのを受け,足寄町は,登山口に看板を設置し,チラシで登山客への注意喚起に努めた。29日午前には登山道の7合目付近に立ち入り禁止のロープと看板を設けるなど,警戒を強めている。一方,周辺の宿泊施設は冷静に受け止め,宿泊客や予約客に警戒レベル引き上げを連絡するなどして対応している。
 職員が雌阿寒温泉,オンネトーの各コース登山口や同湖畔のキャンプ場管理棟,雌阿寒温泉駐車場のトイレなどに,7合目から上に立ち入らないよう求める看板を設置しました。

b0171771_17501177.jpg
雌阿寒温泉(野中温泉)=2011年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「登山客に注意呼び掛け 雌阿寒岳警戒引き上げ」 と伝えています。

 【足寄】札幌管区気象台が28日,雌阿寒岳の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から2(火口周辺規制)に引き上げたのを受け,町は同日,登山口に看板を設置し,チラシで登山客への注意喚起に努めた。29日午前には登山道の7合目付近に立ち入り禁止のロープと看板を設けるなど,警戒を強めている。一方,周辺の宿泊施設は冷静に受け止め,宿泊客や予約客に警戒レベル引き上げを連絡するなどして対応している。

 町は28日午後4時すぎ,職員が雌阿寒温泉,オンネトーの各コース登山口や同湖畔のキャンプ場管理棟,雌阿寒温泉駐車場のトイレなどに,7合目から上に立ち入らないよう求める看板を設置。「今後,突発的に小さな噴火が発生する可能性があり,噴石が飛散する恐れがある」との文言で注意を促した。

 また,ラジオや携帯電話の携行,火山活動の異常を知らせるサイレンが聞こえたら直ちに下山する-などを呼び掛けるチラシを,登山口にある登山者名簿の記入帳の近くに置いた。防災無線で町内に伝え,特定地域の携帯電話に情報を送信する「エリアメール」も活用した。

 この時期,多くの登山者が泊まる雌阿寒温泉の「山の宿野中温泉」では,宿泊中の登山客に対し,火口付近への立ち入りが規制され,頂上まで登れないことを説明。周辺の山などを紹介する一方,予約客にも電話で連絡した。野中祐子代表は「規制により,予約キャンセルなどの影響が出るかもしれない」と心配な表情も見せた。
   -略-
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年07月29日11時01分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-08-05 06:29 | 足寄町の様子 | Comments(0)