「十勝千年の森」でローズガーデンが見ごろ

b0171771_23265176.jpg
参考写真:ローズミュージック(HT)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%A9

 清水町羽帯(はおび)の「十勝千年の森」内の ローズガーデンで,バラの花が見ごろ を迎えています。
 色や香りなど個性豊かなバラが咲き誇っており,1~2週間程度は楽しむことができます。
 「ローズ・ガーデン」は2012年に新設され,英国のロザリアン(バラ栽培のスペシャリスト)であるマイケル・マリオットさんや,千年の森のガーデンデザインを手掛けたダン・ピアソンさんの監修の下で,化学資材を使わないオーガニック栽培が進められました。現在,80種類,約1200株のイングリッシュローズや原種のバラが栽培されています。


b0171771_23253449.jpg
十勝千年の森(清水町羽帯)=2014年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「清水 千年の森のローズガーデンが見ごろ」 と伝えています。

 【清水】十勝千年の森(清水町羽帯)内のローズガーデンで,バラの花が見ごろを迎えている。色や香りなど個性豊かなバラが咲き誇っており,1~2週間程度は楽しむことができる。

 「ローズ・ガーデン」は2012年に新設され,英国のロザリアン(バラ栽培のスペシャリスト)であるマイケル・マリオットさんや,千年の森のガーデンデザインを手掛けたダン・ピアソンさんの監修の下,化学資材を使わないオーガニック栽培が進められ,現在80種類,約1200株のイングリッシュローズや原種のバラが栽培されている。

 世界各国の品評会の香り部門で受賞歴がある「プリンセス・アレキサンドラ・オブ・ケント」は,紅茶のような香りからかんきつ系,さらにはブラックカラント(カシス)へと香りが移り変わり,「ムンステッド・ウッド」はベリー系の香りが特徴。

 原種は花を咲かせるのがシーズン中に1度のものが多いが,イングリッシュローズは「返り咲き」するのが特徴で,8月下旬から9月初旬にも花を付ける。時期は品種によってばらつきがあるため,この時期が最も多くの品種が花を付けているという。同森の新谷みどりヘッドガーデナーは「花の色や香り,花びらの開き方など,さまざまな視点で品種ごとの違いを楽しめる」と話している。

 入場料は高校生以上が1000円,小・中学生は学生証提示で500円,未就学児童は無料,障がい者は800円(小・中学生400円)。開園時間は午前10時~午後5時(7月1日から午前9時開園)。(大谷健人)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年06月30日10時59分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-07-04 06:27 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)