「ほんべつ学」で化石探しに挑戦

b0171771_22081622.jpg
義経の里本別公園=2010年7月撮影

 6月27日,本別で郷土の歴史や自然,文化などについて学ぶ,今年度 第1回目の「ほんべつ学」 が,義経の里本別公園などで開かれました。
 初回は「ほんべつ大昔探検隊」と題し,小学生を対象に実施され,町内から1~6年生10人が参加しました。
 本別川では,ゴーグルを付けた子供たちが金づちで河原の石を割って化石探しに挑戦し,石の中から貝や木の化石跡を発見すると,興味深く観察しました。


b0171771_22093215.jpg
本別川=2014年8月本別公園で撮影

 十勝毎日新聞が, 「化石探しに挑戦 ほんべつ学始まる,本別 」 と伝えています。

 【本別】郷土の歴史や自然,文化などについて学ぶ「ほんべつ学」(町教委主催)の今年度第1回が27日,町内の義経の里本別公園などで開かれた。

 初回は「ほんべつ大昔探検隊」と題し,小学生を対象に実施。町内から1~6年生10人が参加した。

 同公園に流れる本別川では,森と川の舎(いえ)の新津和一会長(81)が「ここでクジラの化石が発掘された」と説明した後,ゴーグルを付けた子供たちが金づちで河原の石を割って化石探しに挑戦。石の中から貝や木の化石跡を発見すると,興味深く観察していた。
-略-
 新津会長は「本別では珍しい動植物や化石を発見することができる。郷土のことをよく知ってほしい」と話した。

 この日は弥生町チャシ公園も見学し,陸別町教委の大鳥居仁さんがチャシの役割や石器について説明した。同講座は年度内に4回開かれ,子供向けは10月に町産小麦を使ったうどんづくり,夏には一般を対象にした施設見学会などが計画されている。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年06月27日21時01分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-07-05 06:02 | 本別町の様子 | Comments(0)