音更で菜の花の“黄色いじゅうたん”

b0171771_16013192.jpg
上参考写真:アブラナ畑
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8F%9C%E3%81%AE%E8%8A%B1#/media/File:Turnip_rape_field_in_Parikkala.JPG


b0171771_16015066.jpg 音更町駒場の畑で 菜の花が満開 を迎え,一面に広がる色鮮やかな“黄色いじゅうたん”が町民らの目を引いています。 ナタネ油の生産・販売を手掛ける「音更なたね油生産組合」によると,町内のナタネの作付け面積は全国3番目に多い約70ヘクタールで,管内の約9割を占めています。
 8月中旬にも収穫して油を搾り,ナタネ油として販売する予定です。


左参考写真:セイヨウアブラナ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%A8%E3%82%A6%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8A#/media/File:Brassica_napus_2.jpg


 十勝毎日新聞が, 「畑一面に“黄色いじゅうたん” 音更で菜の花満開」 と伝えています。


 【音更】町内の畑で菜の花が満開を迎え,一面に広がる色鮮やかな“黄色いじゅうたん”が町民らの目を引いている。

 ナタネ油の生産・販売を手掛ける「音更なたね油生産組合」(田村泰敏組合長)によると,町内のナタネの作付け面積は全国3番目に多い約70ヘクタールで,管内の約9割を占めている。8月中旬にも収穫して油を搾り,ナタネ油として販売する。

 町駒場地区の田村組合長(59)は,約5・5ヘクタールの畑で花を作付け,菜の花が見頃になっている。今年は十分な積雪があったため,冬枯れがなく花の生育状態は良好という。

 田村組合長は「週末当たりがピークなので,ドライブしながら楽しんでもらえれば」と話している。(川野遼介)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年5月22日11時20分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-05-27 06:57 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)