上士幌、札幌にアンテナショップ

b0171771_1040362.jpg
写真:天狗岳からのニペソツ山
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Nipesotsuyama_from_Tengudake_2005-8-17.jpg

 5月17日,札幌市中央区に 上士幌町初のアンテナショップ「haru(ハル)」 が,オープンしました。壁面にニペソツ山,床面に糠平湖のシルエットを配するなど町のイメージを感じられる内装にしました。
 繁華街・すすきのから徒歩圏内と宿泊施設のゲストハウス併設の立地条件を生かし,地元食材を使ったメニューや物産販売を通じ道央圏に上士幌の情報を発信します。ふるさと納税と併せて町のPRや交流人口拡大の柱にしたい考えです。


 十勝毎日新聞が, 「札幌にアンテナショップ 飲食提供や物産販売 上士幌」 と伝えています。


 【上士幌】上士幌町初のアンテナショップ「haru(ハル)」が,市中央区南5西9にオープンした。繁華街・すすきのから徒歩圏内と宿泊施設のゲストハウス併設の立地条件を生かし,地元食材を使ったメニューや物産販売を通じ道央圏に上士幌の情報を発信する。ふるさと納税と併せて町のPRや交流人口拡大の柱にしたい考えだ。

 移住定住促進事業を行うNPO法人の上士幌コンシェルジュ(田西長徳理事長)が,人的交流の拠点にと17日に開設した。札幌市内で飲食店4店舗を営むフードフロンティア(本社札幌,山田貴志社長)が日中はカフェ,夜は酒や簡単なつまみなどを出すバルとして開く。

 壁面にニペソツ山,床面に糠平湖のシルエットを配するなど町のイメージを感じられる内装にした。

 上士幌ナイタイ和牛のハンバーグや豆入りキーマカレーなどの他,山菜など季節の食材を使ったメニューを提供する。観光案内に応じ,はちみつ,ミルクジャムなど町の物産も扱う。

  -略-

 田西理事長は「上士幌の豊富な自然,食を生かした交流拠点に育てイベントも企画したい」とあいさつした。来賓の竹中貢町長が「得た情報を,町の政策に反映させたい」とあいさつした。

 営業時間は午前11時~翌午前0時。不定休。問い合わせは011・211・1812へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年5月19日 13時47分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201505/20150519-0021067.php


[PR]
by hombetu | 2015-05-22 06:28 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)