大型連休,豚丼や道の駅で行列

b0171771_04221679.jpg
ぶた丼のとん田(帯広市)=2014年5月撮影


 5月4日,ゴールデンウイークの5連休も中日を迎え,十勝管内の 観光地のにぎわい もピークに達しています。
 人気の豚丼店に長蛇の列ができ,道の駅や土産店,観光施設は多くの客が訪れるなど,十勝の観光地は書き入れ時となっています。
 帯広市内の「ぶた丼のとん田」では,開店直後の午前11時,約150人が行列をつくっていました。
 中札内村の道の駅なかさつないは連日,駐車場があふれるほどで,4日も午前9時のオープン直後からにぎわい,道内各地の他,遠くは愛知県などからの訪問客の姿も見られました。

b0171771_10402098.jpg
道の駅なかさつない=2014年1月撮影

 十勝毎日新聞が, 「GW,食やレジャーに十勝沸く 今年も豚丼行列」 と伝えています。

 ゴールデンウイーク(GW)の5連休も中日を迎え,管内各地の観光地のにぎわいもピークに達している。人気の豚丼店に長蛇の列ができ,道の駅や土産店,観光施設は多くの客が訪れるなど,十勝の観光地は書き入れ時となっている。

 「ぶた丼のとん田」(帯広市東6南16)では開店直後の午前11時すぎ,約150人が行列をつくった。札幌市から娘や孫と訪れた山口尚子さん(68)は「午前9時半から並んだ。帯広に来たらやはり豚丼を食べないと」と楽しみにしていた。

 中札内村の道の駅なかさつないは連日,駐車場があふれるほどで,4日も午前9時のオープン直後からにぎわった。同施設では「待っているお客さまもいたので少し早めに開けた。道内各地の他,遠くは愛知県などから来てくれる人もいる」とする。

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)も4日午前,大勢の行楽客が訪れ,好天に恵まれた3日に5000人弱が入場。「地元以外に札幌,釧路ナンバーの車も増えている」(十勝エコロジーパーク管理事務所)。道東自動車道の白糠インターチェンジ(IC)が3月に供用開始した効果や,3年半前に札幌-十勝間が直結し,「コテージ利用者は札幌から多く入っている」(同)。

 道東道・音更帯広ICから近い柳月スイートピア・ガーデン店(町下音更北9線)は「白糠ICまで高速がつながったことで札幌からの観光客が釧路まで行ってしまうか気にしていたが,今のところ例年通り」とみる。4日午前9時前に200台の駐車場が満車になり,同店限定の名物・三方六の切れ端を求め500人ほどが並んだ。同社企画開発室は「GWのお土産として買いに来る最終日の6日がピーク。9,10日の土・日曜まで混雑が続いてくれれば」と後半戦にも期待する。

 帯広市内の4日正午現在の天候はくもりで,気温14・4度と過ごしやすい天候。同日夜から雨の予報だが,5日午前中には回復する見込みとなっている。(眞尾敦,関坂典生)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年5月4日13時01分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-05-05 06:15 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)