歴舟川鯉のぼり始まる

b0171771_03552458.jpg
大樹橋から望む歴舟川=2014年8月撮影


 4月17日,色とりどりのこいのぼりが 大樹の空を彩る歴舟川清流鯉のぼり が,大樹橋上流側で始まりました。
 大樹町,町観光協会の主催で,合わせて236匹が風に乗り,元気に泳いでいます。今年で25回目を迎え,期間は5月6日まで行われます。

b0171771_04031054.jpg
参考写真:鯉のぼり=2015年4月都内の小学校で撮影


 十勝毎日新聞が, 「清流に悠々236匹 歴舟川鯉のぼり」 と伝えています。


 【大樹】色とりどりのこいのぼりが大樹の空を彩る「歴舟川清流鯉(こい)のぼり」(町,町観光協会主催)が17日,大樹橋上流側で始まった。国道236号に合わせた236匹が風に乗り,元気に泳いでいる。5月6日まで。

 町が誇る日本一の清流との共演は大樹の春の風物詩。今年で25回目を迎えた。

 この日は午前9時から同協会会員ら15人が作業を開始。手がかじかむ寒さの中,こいのぼりをワイヤにつないで約180メートルの川幅いっぱいに“放流”した。

 河川敷にも100匹のこいのぼりが登場した。-略-
5月5日の「こどもの日」には同会場でイベントを行う。問い合わせは同協会事務局(01558・6・2114,町商工観光課内)へ。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2015年4月17日 13時39分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201504/20150417-0020824.php


[PR]
by hombetu | 2015-04-27 06:42 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)