「ほっ」と。キャンペーン

新設・上士幌,移転の士幌と音更「道の駅」に国の補助

b0171771_08380970.jpg
士幌町道の駅「ピア21しほろ」=2011年8月撮影

 1月30日,国土交通省は 地方創生の柱に位置付ける「重点道の駅」 の十勝管内候補として,新設を計画する上士幌,移転を検討する士幌と音更の計3町の道の駅を選定しました。
 事業費には国の補助メニューが活用でき,3駅の整備が加速することが期待されます。観光客の増加や地域住民が集う拠点として十勝の魅力アップにつながりそうです。


b0171771_10043524.jpg
道の駅おとふけ=2015年8月撮影

 十勝毎日新聞が, 「上士幌に『重点道の駅』 士幌,音更は移転地方創生で国の補助」 と伝えています。

 国土交通省は地方創生の柱に位置付ける「重点道の駅」の管内候補として30日,新設を計画する上士幌と移転を検討する士幌,音更の計3町の道の駅を選定した。事業費には国の補助メニューが活用でき,3駅の整備が加速することが期待される。観光客の増加や地域住民が集う拠点として十勝の魅力アップにつながりそうだ。


 計画では,上士幌は国道241号沿いの町上士幌東3線に「道の駅バルーン」(仮称)を新設。士幌は「ピア21しほろ」(士幌町士幌西2線)を現在地より約1キロ南の国道241号と同274号の交点付近に,音更は同241号沿いの「おとふけ」(音更町木野大通西19)を道東自動車道の音更帯広インターチェンジ(IC)近くの菓子製造販売の柳月スイートピアガーデン隣接地に移転する。


 道内では,すでに計画が具体化している3駅(ニセコビュープラザなど)を,国土交通大臣選定の「重点道の駅」に選定。このほか,優良な計画がある駅を道開発局長選定の「重点道の駅候補」として6駅選び,うち3駅が十勝管内となった。具体的な新設,移設時期は確定していない。


-略-


 地場産品のブランド化や福祉,防災拠点となる「地域センター型」には,「ピア21しほろ」と「おとふけ」が選ばれた。「ピア21しほろ」は2012年に開通した国道274号の別線ルートと国道241号が交わる場所に建て替え,農産物直売所や加工施設を整備,士幌高校の生徒との交流拠点にもなる見通し。


 「おとふけ」は,音更帯広ICに近い同ガーデンの人気が高まっており,ここと連携することで十勝の食を発信しやすくする。また,ICを降りた観光客らに十勝川温泉など観光地への誘導を図る観光案内所を設置するよう提案した。

-略-
(関坂典生,小縣大輝,杉原尚勝)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01月30日13時28分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-02-02 06:30 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)