陸別で「幸福のハンカチ陸別ロケ懐古展」始まる

上写真:JR北海道当時の「陸別駅舎」(1989年3月)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%99%B8%E5%88%A5%E9%A7%85#mediaviewer/File:Rikubetsu_Station_of_Hokkaido_Railway.jpg

 1月28日,昨年11月に83歳で死去した俳優高倉健さんの代表作で日本映画史に残る名作 「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」の 陸別ロケ懐古展 が,陸別町役場1階ロビーで始まりました。
 同映画では,77年5月に2回,計1週間にわたり陸別駅舎や駅前の「かわもと食堂」などでロケが行われました。


b0171771_03324873.jpg
下写真:陸別町役場=2014年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「高倉健さん追悼『幸福のハンカチ陸別ロケ懐古展』始まる」 と伝えています。

 【陸別】昨年11月に死去した俳優高倉健さん(享年83)の代表作で日本映画史に残る名作「幸福(しあわせ)の黄色いハンカチ」(1977年,山田洋次監督)の陸別ロケ懐古展(陸別町教委主催)が28日,町役場1階ロビーで始まった。町教委は「町内の若い人にも陸別と健さんのつながりを知ってもらえれば」と話している。

 同映画では,77年5月に2回,計1週間にわたり陸別駅舎や駅前の「かわもと食堂」などでロケが行われた。櫻井牧場(弥生)では桃井かおりさんが運転する車が牧草に突っ込むシーンが撮影された。ロケ期間中,健さんやスタッフは浜田旅館に滞在した。

 日本を代表する名優をしのび,その代表作が陸別で撮影されたことを知ってもらおうと企画。当時,町企画課で広報担当だった佐久間幹夫さん(71)や浜田旅館の浜田始さん(65)が撮影したり所有したりしている写真を借り受け,パネル大に拡大した。

 写真は,櫻井牧場で山田監督が健さんや武田鉄矢さんに演技指導するシーンやロケを遠巻きに見学する町民,スタッフ移動用のロケバスが町内を走るものなど12枚。駅前通りの写真は38年間の時の流れを感じさせる。この他,映画の看板絵やのぼり(いずれも道の駅オーロラタウン93りくべつ内に常設),ポスターなども展示している。

 浜田さんは「ロケ地としては夕張があまりにも有名だが,陸別でのシーンは意外に多い。映画を見てもらい陸別に足を運んでもらうきっかけになれば」と話し,佐久間さんは「健さんのような素晴らしい俳優は二度と出てこない。転機になった映画なので,多くの人に見てもらいたい」と口をそろえる。

 2月10日まで(土・日曜除く)。午前9時~午後5時半。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2015年01月29日10時12分の記事


[PR]
by hombetu | 2015-01-31 06:39 | 陸別町の様子 | Comments(0)