仙美里中出身の大和田司選手,全日本 総合3位

b0191190_22342990.jpg
写真:仙美里中学校閉校記念式典=2014年1月撮影

 12月30日,スピードスケートの 第39回全日本スプリント選手権最終日 は,長野市のエムウエーブで男女4種目を行いました。
 男子総合で,仙美里中学校出身で味のちぬやの 大和田司(おおわだつかさ)選手 は,4種目全て6位以内に入り,総合3位で初の表彰台に立ちました。
 法政大学の中村駿佑選手が総合で初制覇を遂げました。
 なお,2連覇を狙った白樺学園高出身で日本電産サンキョーの羽賀亮平選手は最終1000mで9位に終わり,総合2位にとどまり,2連覇を逃しました。

 女子は,相澤病院の小平奈緒選手が4種目とも1位で,4連覇を達成しました。

 帯広南商業高出身で日本電産サンキョーの高木菜那が,最終日500m4位,1000m3位となり,総合2位に入りました。

 十勝毎日新聞が, 「 羽賀総合2位,大和田3位 全日本スプリント」 と伝えています。


 【長野】スピードスケートの第39回全日本スプリント選手権(日本スケート連盟主催)最終日は30日,長野市のエムウエーブで男女4種目を行い,男子総合2連覇を狙った羽賀亮平(日本電産サンキョー―日大,白樺学園高出)は最終1000メートルで9位に沈んで逆転を許し,2位に終わった。4種目全てで6位以内に入った大和田司(味のちぬや―北翔大,白樺学園高出)が総合3位と初の表彰台。長島圭一郎(日本電産サンキョー―日大,池田高出)は1000メートルでバランスを崩し後退,総合19位に終わった。中村駿佑(法大)は総合初制覇。女子はオールラウンダーの高木菜那(日本電産サンキョー―帯南商高出)が500メートル4位,1000メートル3位となり総合2位に食い込んだ。辻麻希(開西病院)は500メートルで2位となったが1000メートルで8位と失速し総合5位。小平奈緒(相澤病院)は4種目1位の総合完全制覇で長屋真紀子(三協精機・陸別町出身),橋本聖子(富士急)に次ぐ3人目の4連覇を達成した。

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版
/2014年12月30日17時25分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-12-31 06:20 | 活躍しています | Comments(0)