本別でスリランカカレーづくり

b0171771_18070240.jpg
参考写真:スリランカのライス・アンド・カレー(米飯と他の具材を皿に取り,混ぜ合わせて食べる)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AB%E6%96%99%E7%90%86#mediaviewer/File:Sp%C3%A9cialit%C3%A9s_srilankaises.jpg


 11月19日,本別町教育委員会主催の 社会教育講座「公民館きらめき講座」 の今年度最終回が,中央公民館で開かれ, スリランカのカレー作りに挑戦 しました。
 この日は8人が参加し,帯広畜産大学留学生のスリランカ人レヌカさんが講師を務め,スリランカのチキンカレー作りに取り組みました。


 十勝毎日新聞が, 「スリランカカレーづくりに挑戦 きらめき講座 本別 」 と伝えています。


 【本別】町教委主催の社会教育講座「公民館きらめき講座」の今年度最終回が19日,町中央公民館で開かれ,スリランカのカレー作りに挑戦した。

 この日は8人が参加。帯広畜産大学留学生のスリランカ人レヌカさん(28)が講師を務め,同国のチキンカレーを作った。

 参加者はレヌカさんの指導の下,あらかじめ配布されたレシピに沿って調理。ルー作りでは,カレーパウダーのほか,ターメリックやマスタード,シナモンなどの香辛料を使い,スリランカ風の味を再現した。

 調理後には,レヌカさんが母国の文化や産業などについて説明。「スリランカでは1日3食全てがカレー。日常的に20種類のスパイスを使う。バナナの葉に食材を乗せて右手で食べる」などの食習慣も紹介し,受講生全員で作ったカレーを食べた。

 参加した山田富江さん(70)は「普段は市販のルーしか使わないので,スパイスの味は独特。結構辛いですね」と話した。

 同講座は5月に開講,太極拳やガラス玉細工,和紙ちぎり絵など月1回の講座を行った。(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年11月21日06時30分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-11-27 06:04 | 本別町の様子 | Comments(0)