順心窯「秋のうつわ展」始まる

b0171771_16201990.jpg
b0171771_16205384.jpg 10月31日,青木紀子さんが主宰する陶芸の 「順心窯」の『秋のうつわ展』 が,本別町南2丁目の順心窯ギャラリーで始まりました。
 「順心窯」は1997年に青木さんが開窯し,木の灰を使った釉薬(ゆうやく)による淡緑色が特徴にしています。

 私(ブログ作成者)は,以前,本別の 「順心窯」を訪問したことがあります。
 青木さんは,生活に密着した作品を仕上げるように心がけているとのお話しに感心したものです。


上写真:順心窯ギャラリー(本別町)
下写真:主宰する青木紀子さん=いずれも2011年8月撮影


 十勝毎日新聞が, 「順心窯『秋のうつわ展』始まる 本別」 と伝えています。


 【本別】陶芸の「順心窯」(青木紀子さん主宰)の「秋のうつわ展」が31日,町南2の順心窯ギャラリーが始まった。11月2日まで。

 同窯は1997年に青木さんが開窯。青木さんの作品は木の灰を使った釉薬(ゆうやく)による淡緑色が特徴。今回の展示会には,茶わんや湯飲み,皿,コーヒーカップなどの生活陶器を,青木さんが約200点,生徒6人が計60点展示している。生徒の1人多賀智江さん(57)は「ぜひ多くの人に見てほしい」と話す。また,中札内高等養護学校の生徒による作品展も初めて併催している。

 青木さんは「実際に手に触れて質感や温かさを感じてほしい」と話している。

 午前10時~午後6時(最終日は午後5時まで)。2日午後1時半からは会場で,中原悦子さん(池田)のフルートの演奏会が開かれる。青木さんの作品は販売もしている。問い合わせは同ギャラリー(0156・22・2165)へ。
(鈴木裕之)


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年10月31日06時30分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-11-05 06:13 | 本別町の様子 | Comments(0)