おびひろ動物園に大樹からラマ

b0171771_03475265.jpg
写真:おびひろ動物園のラマ・雪丸(上)と解説表示(下)=2012年9月撮影


b0171771_03513826.jpg 9月30日,おびひろ動物園に,2月に生まれ メスのラマが仲間入り しました。
 ペットとして飼っていた大樹町の農家から寄付の申し出があり,動物園に搬入されたラマです。
 これまで1頭で飼育していた15歳でオスの雪丸との繁殖を目指す計画です。


 十勝毎日新聞が, 「大樹からラマ ベビーに期待 おびひろ動物園」 と伝えています。


 【帯広】おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2,高橋利夫園長)に,新たに雌のラマ(2月生まれ)が仲間入りした。これまで1頭で飼育していた雄の雪丸(15歳)との繁殖を目指す。

 ラマをペットとして飼っている大樹町の農家から寄付の申し出があり,9月30日に同園に搬入された。

 新たに仲間入りしたラマの身長は約150センチ,体重は推定70キロ。軟らかそうな白い体毛とピンと伸びた耳が特徴。体が大きくなるまで,雪丸とは柵で隔てて飼育する。来年には2頭を一緒にし,繁殖できる環境にする。赤ちゃんが期待できるのは,早くて再来年(2016年)だという。

 ラマは南米高地で家畜として改良され,雪や寒さに強い。担当飼育係の入交利都さんは「群れの生き物なので,雪丸に早く仲間が欲しかった。雪丸は初対面で柵越しにあいさつに行き,向こうも初めは警戒していたが,受け入れたようだった」と話している。

 雪丸も,11年に研究用として飼育していた帯広畜産大学から提供された。近年,同じ南米原産のアルパカ人気が続いているが,「赤ちゃんの誕生で,おびひろからラマブームを起こしたい」(入交さん)と期待している。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年10月3日 14時05分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201410/20141003-0019359.php


[PR]
by hombetu | 2014-10-07 06:42 | 帯広市の様子 | Comments(0)