女子野球4連覇志村主将,広尾に里帰り

b0171771_17580408.jpg
写真上:ワールドカップ会場の宮崎県総合運動公園硬式野球場
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E7%9C%8C%E7%B7%8F%E5%90%88%E9%81%8B%E5%8B%95%E5%85%AC%E5%9C%92%E7%A1%AC%E5%BC%8F%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A0%B4#mediaviewer/File:Sun_Marine_Stadium_2009_001.jpg

b0171771_18024607.jpg写真下:広尾小学校=2014年8月撮影

 女子野球日本代表の主将として第6回ワールドカップ宮崎大会で4連覇を達成した 広尾町出身の志村亜貴子選手 が,9月26日から28日までの日程で里帰りしました。
 27日午前,広尾小学校で出身野球少年団の広尾ブルーオーシャンズの練習に飛び入り参加しました。子供たちは,世界一のキャプテンのノックを受けたり,打撃を指導してもらったりと最高の時間を過ごしました。


 十勝毎日新聞が, 「『世界一,僕らの誇り』女子野球4連覇志村主将里帰り」 と伝えています。


 【広尾】女子野球日本代表の主将として第6回ワールドカップ(1~7日,宮崎市)で4連覇を達成した志村亜貴子選手(31)=広尾町出身=が26日から28日までの日程で里帰りし,27日午前,出身野球少年団の広尾ブルーオーシャンズの練習に飛び入り参加した。サプライズ訪問に子供たちはびっくり。世界一のキャプテンのノックを受けたり,打撃を指導してもらったりと最高の時間を過ごした。

 志村選手は広尾第二小学校(現広尾小)のときに,同少年団の前身「広尾潮スポーツ少年団」で野球を始めた。広尾中,広尾高,道浅井学園大(現北翔大)卒。現在の所属はアサヒトラスト(東京)。東京都荒川区の中学校で体育教師を務めている。

 志村選手と同少年団は昨年行われた町野球協会主催の野球教室でも触れ合っているが,何も知らされていなかった子供たちは突然の再会に目を丸くした。それでも森谷航也主将(広尾小6年)は,チームを代表して「志村選手は僕たちの誇り。これからも頑張って」と落ち着いてあいさつした。

 練習に飛び入り参加した志村選手はチームの「臨時コーチ」に就任。ノックでは厳しいコースを突く巧みなバットコントロールで選手を鼓舞した。

  -略-

 26日夕には役場を訪問し,村瀬優町長らに「勝って当たり前の中でのプレーはプレッシャーがあったが,地元の皆さんの応援が一番の支えになった」と4連覇達成を報告。併せて現役選手を続行して5連覇を目指すことを表明した。村瀬町長らは「5つ目の金メダルを取ってもらいたい」と活躍をたたえ,次の目標達成に向けてエールを送った。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年9月27日 14時21分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201409/20140927-0019325.php


[PR]
by hombetu | 2014-10-01 06:51 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)