中札内で500㎡豆の巨大アート完成

b0171771_05053198.jpg
写真:中札内の杜/2014年8月撮影


 8月30日, 豆で描くモザイクアート の大きさでギネス世界記録認定を目指すイベントが,中札内交流の杜アリーナで開かれました。
 この日は企画した「十勝『世界一』プロジェクト」のメンバーや十勝管内からの有志総勢92人が参加し,十勝を舞台とした人気漫画・アニメ「銀の匙Silver Spoon」のキャラクターがデザインされた縦25m,横20m500㎡の巨大アートが完成させました。
 今後はギネス・ワールド・レコーズ社に書類を申請し,認定を待つことになります。

 
 十勝毎日新聞が, 「豆の巨大アート完成 500平方メートル ギネス申請」 と伝えています。


 【中札内】豆で描くモザイクアートの大きさでギネス世界記録認定を目指すイベントが30日,中札内交流の杜(もり)アリーナで開かれた。十勝を舞台とした人気漫画・アニメ「銀の匙(さじ)Silver Spoon」のキャラクターがデザインされた500平方メートル(縦25メートル,横20メートル)の巨大アートが完成,参加者は喜びに包まれた。今後はギネス・ワールド・レコーズ社(本部・英国)に書類を申請し,認定を待つ。

 この日は企画した「十勝『世界一』プロジェクト」(真浦綾子代表)のメンバーや管内からの有志総勢92人が参加。午前10時のスタートと同時に,あらかじめ床に敷かれた図面に,小豆や大豆など9種類の豆が入った10センチ四方の袋を手際よく並べた。「(作業量が多く)夕方までの完成は厳しいのでは」(真浦代表)という当初の不安をよそに,作業は順調なペース。最後の5万袋目を豆部門リーダーの吉村透さん=丸勝勤務=が並べると会場は歓声に包まれた。

 約4時間半で全工程を終えた参加者は,アリーナ2階から全景を確認して,全員で喜びを分かち合った。

 真浦代表は「5月から豆の袋詰めが始まり,長期間の挑戦だったが,終わってみればあっという間。プロジェクトを通じ,多くの人が『つながったこと』が一番の収穫」と満足した表情を見せた。

 豆アートは同施設アリーナに9月4日(時間は午前9時~午後5時)まで展示。使った9種類の豆のそれぞれの特徴を書いた看板も設置している。

 同プロジェクトは世界一の記録挑戦を通じ,住民同士の交流を深め,十勝を全国に発信すること目的に活動。昨年は十勝産小麦を使用した食パン1万6500枚で作った162.8平方メートルの「トーストアート」,今年6月には管内の観光名所などを描いた全長約280メートルの顔はめパネルを制作し,いずれもギネスに認定された。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年8月31日 13時56分の記事
http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php

<A Href="http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php"><u>http://www.tokachi.co.jp/news/201408/20140831-0019148.php</u></A>


[PR]
by hombetu | 2014-09-05 06:31 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)