本別で,2日連続クマを頭駆除

b0171771_21180979.jpg
参考写真:白い毛のエゾヒグマ。俗に「袈裟掛け」(けさがけ)という。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E#mediaviewer/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%81%AE%E3%81%BC%E3%82%8A%E3%81%B9%E3%81%A4%E3%82%AF%E3%83%9E%E7%89%A7%E5%A0%B410_%E7%99%BD%E3%81%84%E6%AF%9B%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%82%BE%E3%83%92%E3%82%B0%E3%83%9E.jpg 

 8月3日,4日の両日,本別町内の仙美里地区で,クマが相次いで目撃され,いずれも町有害鳥獣捕獲員の ハンターが駆除 しました。
 3日駆除されたクマは,推定3歳のオスで,体長1.5m,体重約70kgで,4日射殺されたクマは,推定3歳のオス,体長1.3m,体重約60kgでした。


 十勝毎日新聞が, 「ビート畑でクマ2頭駆除 本別 」 と伝えています。


 【本別】町内の仙美里地区で3,4の両日,クマが相次いで目撃され,いずれもハンターが駆除した。


 3日午後2時40分ごろ,同地区のビート畑にクマがいるのを,町有害鳥獣捕獲員のハンターが発見し,射殺した。町農林課によると,クマは推定3歳の雄で,体長1・5メートル,体重約70キロ。


 また,4日午後2時50分ごろ,3日に駆除された現場から約300メートル離れたビート畑で,パトロール中のハンターがクマを発見,射殺した。推定3歳の雄,体長1・3メートル,体重約60キロ。


 駆除現場はいずれも住宅地から約2キロ以上離れた地点。同地区では7月28日,今月1日にクマの目撃情報が相次ぎ,複数のハンターが現場周辺をパトロールしていた。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年08月05日08時29分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-08-08 06:08 | 本別町の様子 | Comments(0)