商工中金など3機関,雨宮館解体で協調融資

b0171771_22320019.jpg

写真:旧グランドホテル雨宮館跡/2010年7月撮影

 商工組合中央金庫帯広支店,帯広信用金庫木野支店,北海道銀行音更支店の3機関は,十勝川温泉の 旧グランドホテル雨宮館跡の再開発 に取り組む十勝川温泉旅館協同組合に対し,協調融資を行いました。
 協調融資額は7590万円で,旧ホテルの解体費に充てられます。


 私(ブログ作成者) も,閉鎖中の大きなホテル(上写真)の前を通るたびに,どうなるのか気に留めていました。
 十勝川温泉のホテルの中でも,立地条件がよく,設備も整っていました。何度か温泉を利用したとき,心身ともにほっとさせられました。
 いずれにしても,再開発の目途がついたのことは一安心です。新しい計画が,成功することを願うばかりです。


 十勝毎日新聞が, 「雨宮館解体で協調融資 商工中金など3機関 解体費で7500万」 と伝えています。


 【音更】商工組合中央金庫帯広支店,帯広信用金庫木野支店,北海道銀行音更支店は,旧グランドホテル雨宮館(町十勝川温泉北14)跡の再開発に取り組む十勝川温泉旅館協同組合(作田和昌代表理事)に対し,協調融資を行った。


 協調融資額は7590万円で,旧ホテルの解体費に充てる。融資実行日は23日付。


 同組合は,2009年に閉館した同ホテル跡地の再開発を目的に,町と連携した十勝川温泉中心市街地再生事業計画を策定。旧ホテルの建物を解体し,跡地に多目的広場やイベントスペース,24時間稼働トイレなどを整備する方針。総事業費は約8億円を見込んでいる。同計画は,国の都市再生整備計画事業の認定も受けている。


-略-

 旧ホテルの解体工事は2日に着手し,来年2月末に完了の予定。商工中金の近藤泰弘帯広支店長は「今回の協調融資は第1弾と位置付け,次年度以降の事業についても3者で取り組んでいけるか検討していきたい」と話している。
(長田純一)

以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年07月25日10時24分記事


[PR]
by hombetu | 2014-08-06 06:19 | 十勝の町や村の様子 | Comments(0)