熊切和嘉監督,モスクワ国際映画祭でグランプリ

 ロシア・モスクワで19日から開かれてきた第36回モスクワ国際映画祭で,帯広市出身で帯広南町中,帯広柏葉高,大阪芸術大を卒業した映画監督熊切和嘉さんの 最新作「私の男」がグランプリ を獲得しました。
 最終日28日の授賞式で発表された。主演の浅野忠信さんは最優秀男優賞に選ばれました。

 十勝毎日新聞が, 「帯広出身の熊切和嘉監督グランプリ モスクワ国際映画祭」 と伝えています。


 ロシア・モスクワで19日から開かれてきた第36回モスクワ国際映画祭で,帯広市出身の映画監督熊切和嘉さん(39)の最新作「私の男」が最優秀作品賞(グランプリ)を獲得した。最終日28日の授賞式で発表された。主演の浅野忠信さんは最優秀男優賞に選ばれた。同映画祭での邦画のグランプリ受賞は,新藤兼人監督の「生きたい」以来15年ぶり。男優賞は「ふるさと」主演の加藤嘉さん以来31年ぶり。

 熊切さんは1974年生まれ。帯広南町中,帯広柏葉高,大阪芸術大卒。高校時代から自主映画を撮影していた。人間の本質をえぐり出す作風で,第28回伊・タオルミナ国際映画祭でグランプリを受賞した「鬼畜大宴会」,第12回シネマニラ国際映画祭グランプリ受賞の「海炭市叙景」など代表作多数。

 「私の男」は熊切さんの11作目の長編。桜庭一樹さんの直木賞受賞作を原作に,奥尻島を襲った北海道南西沖地震の震災孤児の少女(二階堂ふみさん)と,身柄を引き取った遠戚の男(浅野さん)との禁断の愛を描いた。オホーツク管内の紋別市や斜里町などで撮影した。

 十勝管内では9月6,7日のいずれか1日,自主上映グループ「CINEとかち」が帯広市民文化ホールで同作品の上映を予定している他,シネマ太陽帯広(西3南11)でも上映を計画している。

思いが確信に,最高です!
熊切さんの話
 企画段階から完成に至るまで,さまざまなトラブルに見舞われた映画でした。グランプリと主演男優賞だなんて,神様もいたんだなあと。最高です! 今までで一番,「やりたい放題」やらせていただいた映画でした。映画を志していた少年時代に抱いていた思いが,確信に変わりました。これからは,より気合を込めて「やりたい放題」やっていこうと思います。この映画に関わったすべての人に感謝いたします。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース/2014年6月29日 14時01分の記事


[PR]
by hombetu | 2014-07-02 06:39 | 活躍しています | Comments(0)