前本別町長の鎌田氏が死去


 6月3日午前6時54分, 前本別町長の鎌田照三氏が死去 しました。死因は心筋梗塞で,享年85歳でした。
 鎌田は助役だった1989年9月,矢野幸雄元町長の急死に伴う町長選に出馬し,初当選し,2期8年町長を務めました。

 十勝毎日新聞が, 「前本別町長の鎌田照三氏が死去」 と伝えています。


 【本別】前本別町長の鎌田照三氏が3日午前6時54分,死去した。85歳だった。死因は心筋梗塞。4日午後7時から通夜,5日午前9時から葬儀をベルコ西シティホール(帯広市西21南1)で執り行う。

 鎌田氏は1929年本別町生まれ。小樽市立中学校卒。本別小学校勤務などを経て49年に町役場入り。国保病院事務長,議会事務局長,総務課長,収入役,教育長を務めた。助役だった89年9月,矢野幸雄元町長の急死に伴う町長選に出馬し,初当選。2期8年町長を務めた。

 町長在任中は,町国保病院を核とした医療・保健,福祉包括ゾーンと総合運動公園を一体化した「太陽の丘」の建設など生活,福祉の基盤作りに取り組んだ。商店街の近代化や道横断自動車道の建設の道筋を作った。


以上引用:十勝毎日新聞社ニュース電子版/2014年06月03日16時07分の記事

b0171771_02370976.jpg
写真:葬儀会場のベルコ西シティホール/2012年6月撮影


[PR]
by hombetu | 2014-06-04 01:12 | 本別町の様子 | Comments(0)