本別勇足で十勝民友民謡連が発表大会

 11月23日,本別勇足地区公民館で十勝民友民謡連合会の今年度の 民謡発表大会が,開催 されました。
 42回の大会で,小学生から80代まで約50人が熱唱し,約100人の観衆を魅了した。

 十勝毎日新聞が, 「十勝民友民謡連が発表大会 本別勇足」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 【本別】十勝民友民謡連合会(片桐久利会長)の今年度の民謡発表大会が23日,勇足地区公民館で開かれた。小学生から80代まで約50人が熱唱し,約100人の観衆を魅了した。

 42回の大会で,同公民館では7回目。伴奏者全員による花笠音頭と出船音頭で幕開け。出場者が自慢ののどを披露し,計64ステージが繰り広げられた。

 民謡の全道,全国大会で活躍する会員もステージに上がり,留め袖姿の民友会芸妓一同によるお座敷小唄や安来節などの舞踊,勇足ひまわり民謡会によるジェスチャーゲームなどもあり,会場を盛り上げた。

 片桐会長は「本別から多数の出演,来場をいただき盛大に,にぎやかにやらせてもらっている」と話していた。(菊池宗矩)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・本別めーる 2013年11月25日の記事
http://www.tokachimail.com/honbetsu/
[PR]
by hombetu | 2013-11-29 06:35 | 本別町の様子 | Comments(0)