シネマ太陽帯広,開館10周年

 2003年に十勝初のシネコンとしてオープンし, 管内唯一の映画館シネマ太陽帯広 が,11月5日で開館10周年を迎えました。
 同館では今月,節目を記念して割引料金で鑑賞できるサービスデーなどの各種企画を用意しています。

参考:シネマ太陽帯広ホームページ
http://www.taiyogroup.jp/movie/obihiro/

 十勝毎日新聞が, 「シネマ太陽10周年 割り引きも」 と伝えています。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
 シネマ太陽帯広(帯広市西3南11太陽ビル)が5日で開館10周年を迎えた。同館では今月,節目を記念して割引料金で鑑賞できるサービスデーなどの各種企画を用意し,「多くの人に映画館に足を運んでもらいたい」とPRしている。

 同館は2003年に十勝初のシネコン(複合映画館)としてオープン。現在は管内唯一の映画館。10年間で990作品を上映し,管内の人口の7倍に相当する約240万人が楽しんだ。

 当初はシネコンのシステムに慣れない客から「どこで待っていたらいいか分からない」など戸惑いの声もあったというが,現在では平日も高齢の夫婦などでにぎわう。柏浦亜紀恵統括マネジャーは「映画好きが多い十勝の皆さんに支えられた」と感謝。「今後15年,20年と,映画館で映画を見る楽しみを提供できるように頑張っていく」と話す。

 今月は男性客の要望を受け,毎週金曜日(8,15,22,29日)をメンズデーとし,男性は1000円で鑑賞できる。また,16,17日は10周年記念サービスデーで,一般・学生1000円,高校生以下800円。

 飲食にも特別メニューが登場する。人気のチュリトスは1日からストロベリーチョコ味を数量限定で販売中。ドリンクは16日からファンタレモンと山ブドウソーダを11月中限定で販売。また,メガドリンク(500ミリリットル,300円)を240個限定で販売する。その他,14~17日は同ビル1階のカフェ「スーノーピア」に,限定メニューのチョコレートパンケーキが登場する。

 問い合わせは同館(0155・20・1525)へ。(丹羽恭太)
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
以上引用:十勝毎日新聞・帯広めーる 2013年11月05日の記事
http://www.tokachimail.com/obihiro/

b0171771_19292755.jpg
写真:シネマ太陽帯広
[PR]
by hombetu | 2013-11-19 06:27 | 帯広市の様子 | Comments(0)